受 講 内 容

講師:平野雅子

本格的な漆器作りのノウハウを道具つくりや扱い方から丁寧に教えます。この技術を応用すれば金継ぎやご家庭の漆器の修理も自分の手で出来るようになります。

まずは練習用の小さな木の板を漆パネルに仕上げる作業から始めます。

パネルを作ることで基本的な工程を覚えることができます。

その後は受講者の希望に応じてモノ作りを深めていきます。
一足飛びに難しいことは出来ませんし、1回に1工程しか進めないので長い期間をかけて根気よく一つの作品を仕上げることになります。

できるだけ本格的に行程を進めていくため

●基本的に本物の漆を使います。

●漆かぶれの可能性もあります。

●体質的に不安のある方には手袋着用を勧めますが、これも完璧な防御方法ではありませんのである程度は覚悟していただくことになります。

あらゆる不安や疑問は遠慮なく何でもご相談ください。
また作業へのご要望にもできるだけお応えしていきたいと考えています。

詳細はこちら>>

曜 日 ・ 時 間

1講座:2時間 2名まで。

曜日時間などは相談の上できめさせて頂きます。ご希望をお聞かせください。

時間、曜日は固定でなくても結構です。今週は月曜、次の週は金曜日、1週あけてその次の週は3回・・・など、都合に合わせてご予約していただけます。ただし、定員になった場合には他の時間に回っていただくこともあります。

出来るだけ早くご予約ください。空きがある場合には前日予約も可能です。
下記フォームかメールでお問い合わせください。
前日のお問い合わせは電話でお願いします。

受 講 料

入会金 3000円

受講料:1講座 3500円

▲材料、道具代は実費を頂きます 。

漆 、 道 具 な ど

全部揃えると大体1〜2万円ぐらいになりますが、
段階を追って少しずつ買い足していかれても良いと思います。
すでに何か道具などをお持ちであればご持参の上ご相談ください。


602-8495

京都市寺之内通千本東入る新猪熊町415
            蒔 絵 平 野
          TEL/FAX075-406-7014
             090-5090-8495
           masaco-urushi@art.117.cx